電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

※電話受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

電話からの相談お申し込み

電話からの
相談お申し込み

052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ネットからの相談お申し込み

ネットからの
相談お申し込み

離婚ブログ

過去の記事

離婚後の子の氏

 愛知総合法律事務所のホームページをご覧の皆様,浜松事務所の弁護士の牧村拓樹です。

 ​​ 浜松事務所は,ありがたいことに多数の相談・依頼を受けており,離婚事件についても,多数の相談・依頼を受けております。 前回は,離婚後の氏をテーマとしてコラムを投稿しました。今回は,離婚後の子の氏についても,よくご相談があるので,離婚後の子の氏について,コラムの投稿をしようと思います。

 ​​ 子の氏は,両親が離婚しても,当然変更されるわけではありません。子が親と氏を異にしている場合には,子は,その親の戸籍に入ることはできません。

 ​​ そうであるので,親が離婚の際に子の親権者になっても,子に自分と同じ氏を称させないと,子を自分の戸籍に入れることはできません。なお,大変わかりにくいですが,婚姻中の氏と婚氏続称の手続きをとった氏は,法律上別の氏とされますので,呼び方が同じでも,親と子の氏は異なるということになります。

 ​​ そこで,氏を変更した親が子を自分の戸籍に入れるためには,「子の氏の変更許可」の申立てをする必要があります。

 ​​ 子の氏の変更許可の申立てについて,申立書類を揃えて申し立てをして,問題がなければ,許可がなされます。

 ​​ 家庭裁判所の許可によってすぐに氏が変わるのではなく,入籍届をしなければ,子の氏はかわりません。許可を得たら,入籍届も忘れずに行うようにしてください。
​ ---------------------------------------------------------------------------------------------
​ 離婚、交通事故、相続、刑事事件、労働問題、借金問題、様々な損害賠償請求等の悩みを抱えている、浜松市、磐田市、掛川市、袋井市、湖西市をはじめとする静岡県遠州地区近隣にお住まいの皆様、地域の身近な法律事務所として、愛知総合法律事務所浜松事務所にどうぞお気軽にご相談ください。
​ 愛知総合法律事務所 浜松事務所のホームページはこちらから                      

浜松事務所弁護士 牧村 拓樹

離婚法律相談